ナラ

ナラ
ナラ
ブナ科コナラ属Quercusのうち落葉性のコナラ亜属樹種が一般にナラ類と総称される。英語のオークもふつうは落葉性のナラ類をさすが,常緑性の種も含むコナラ属全体を意味することもある。しかし日本でナラといえば,ミズナラおよびコナラ,ときにナラガシワQ.aliena Blumeを含めたものをさし,炭焼きや林業家も同じコナラ亜属のカシワあるいはクヌギおよびアベマキなどとは区別している。形態的にも顕著な違いがあり,ミズナラやコナラは葉が倒披針形で,どんぐりが1年で熟し殻斗の鱗片は短く覆瓦状であるが,カシワは殻斗の鱗片が長く葉も大きい。
ナラ材の利用

樹幹内に非常に多くの水分を含んでいるため、乾燥には大変な手間と時間がかかります。また、育った土壌や環境の影響を受けやすく、均質な表情の材を揃えるという点において、難しさがあります。このため、一般的な家具作りの方法では、材の表面を着色するなどの対策をとる場合がほとんどでした。
しかし、KAGURAではあくまでナラが持つ木目の味わいを活かした無着色の仕上げにこだわり、厳選された木材の使用と素材を生かした技術でこれを実現。使い込むほどに黄金色へ変貌していく、ナラ材ならではの魅力を存分に楽しむことができます。

樹種
ナラ ナラ アッシュ アッシュ
カバ カバ ブラックウォルナッド ブラックウォルナッド
メープル メープル ブラックチェリー ブラックチェリー
タモ タモ ハードメープル ハードメープル
クリ クリ オウシュカバ オウシ ュカバ
カラー
幅サイズ